五つの指針

   マイケルチェーホフテクニックは、一瞬の真実を経験するための想像的なアプローチである。1955年にプロの俳優たちに向けて行われた講演シリーズ「芝居と演技芸術について」のなかで、チェーホフは5つの指針について話をした。この指針はその講演のから抜粋され要約されたものである。

 

▼俳優はサイコロジカルエクササイズ(心理的エクササイズ)で、体を養わなければならない。

 

マイケルチェーホフテクニックは、外的で身体的な行動すること、どのようにこの動きが内的な反応を呼び起こすのか知覚することとのつながりを探求するのである。全ての身体的なエクササイズは、内的で心理的な反応を呼び起こす意図で行われている。このためによく発達していて、表現力に富み、柔軟で繊細な優れた楽器になるように体をやしなうことが必要とされる。その体は内的衝動に反応するように微調整された一種のスポンジのようになる。ゆえに俳優は体と思考、感情、願望の完全なる均衡と調和を強く求めるのである。それらは互いに独立しておらず、それら間で常に交友があり、互いが影響し合っているのである。

 

▼演技やリハーサルで、目に見える成果を得るために、俳優は表現において目に見えない手段をもちいなければならない。

 

チェーホフメソッドにおける、表現の主な方法は目には見えない。俳優の体・話し言葉・声といった知覚できる手段は、感情・想像力・感覚といった目にはみえない要素で満たされる。例えば心理的動作(サイコロジカルジェスチャー)では、パフォーマンスにおいて外からは目には映らないが、リハーサルや公演の期間中でのインスピレーションとなる。これは想像的身体(イマジナリィボディ)、想像的核(イマジナリィセンター)、雰囲気(アトモスフェア)、スタニスラフスキーの役者や役の超目的にもいえることである。マイケルチェーホフは俳優が演技をしているとき、その目には映らないもの大切にしながら育み、そのメソッドの全てエクササイズを通して道しるべとなるように、俳優の過程や職業をより高い次元に引き上げるように求めるのであった。

 

▼俳優はパフォーマンスの様々な要素を統合するよう、クリエイティブな精神と高次の知識を使わなければならない

 

マイケルチェーホフは、私たちの内には要約、融合、結論をさせるよう、すべての能力を統合できる精神に形をあたえる賢い科学者が潜む実験室があると主張する。チェーホフは、この能力が私たちの才能を開花させるための強い影響をもつ、いわゆる高次の自我、優れた自我と等しいものとしている。全ての芸術は精神の力を統合することに基づいている。こうした統合なしでは、人は分解した要素だけで残され、元型や原型といった感覚が存在しえない。同様に、アンサンブル、サイコロジカルジェスチャー(心理的動作)、役や芝居全体の感情などありえないのである。私たちの批判的な部分は、一つになろうとする創造的な必要性を分断させ、切り離してしまう。そうして高尚で創造的である真実の知恵を覆い隠してしまうのである。私たちが求めるものは、感情からくる火と、ぬくもりを持った知性からの思考を合体させることである。

 

▼チェーホフメソッドの目的は、精神のクリエイティブな状態を呼び起こすためのメソッドの全ての分野を覚醒させる手段として、メソッドの各構成要素を具現化させることである。

 

自らの意志で直観や精神の創造的な状態を呼び起こすことは役者の願望である。メソッドには多くの構成要素から作られる一体性がある。しかし、これらすべての要素は互いにつながり合ってもいる。もし俳優が正しくそのうちの一つを使うこと学び、メソッドのなかの一つの要素を本当に体現できれば、他の要素もおのずと呼び起こされる。別々に要素の使用する経験が深ければ深いほど、テクニックの他の要素もより現れやすくなる。

 

▼俳優はチェーホフテクニックの個々の要点を理解し、どの程度で、どうやったらそれが自分の才能を解き放ってくれるのかを見極めなければならない。

 

俳優は足かせになってしまうようなメソッドではなく、自分の才能を解き放ってくれる方法を求めている。チェーホフはメソッドのすべての要素を理解し、どれやったら、どのくらいで、それが能力を解き放ってくれるのかと問いを立てるように俳優にすすめている。これがメソッドの根本的な目的なのである。そして俳優はそのテクニックの各要素が、その問いにどのように答えてくれるのかについて注意を向けるのである。

 

 


CHEKHOV'S FIVE GUIDING PRINCIPLES 

 

Michael Chekhov’s technique is an imaginative approach to experiencing the truth of the moment. In On Theatre and the Art of Acting, a series of lectures given to a group of professional actors in 1955, Chekhov speaks of Five Guiding Principles. The following principles are excerpted and outlined from that series:

 

▼The actor must train his or her body through the use of psychological exercises.

 

The Michael Chekhov Technique seeks a connection between making an outer physical action and sensing how this movement evokes an inner response. All physical exercises are done with the intention of awakening an inner psychological response. This requires training the body to be a fine instrument–well developed, expressive, obedient and sensitive. The body becomes a kind of sponge finely tuned to respond to psychological impulses. Thus the actor strives for a complete balance and harmony between the body and the thoughts, emotions and desires. They are not independent of one another and there is a constant play between the two, one affecting the other.

 

 

▼The actor must use intangible means of expression while acting and rehearsing to achieve tangible results.

 

The primary means of expression in the Chekhov method are intangible. The tangible means for the actor–body, speech, voice–are infused with the intangible elements of feelings, imaginations and sensations. An example would be the psychological gesture, which in performance is outwardly invisible but is an inspiration all the while one is rehearsing and performing. This is also true of imaginary body, imaginary center, atmosphere and Stanislavski’s super-objective of the performer and of each character. Michael Chekhov asks that the actor cherish and foster the intangibles as they will act as a guide for the actor through all the exercises of the method and elevate the actor’s process and profession to a higher level.

 

▼The actor must employ a creative spirit and the higher intellect to unify the various aspects of the performance.

 

Michael Chekhov suggests that within each of us is a hidden laboratory in which sits a wise scientist who embodies our spirit–summarizing, amalgamating, drawing conclusions, unifying all our capacities. Chekhov equates this ability with our so-called higher self, our better self, which has a strong influence in developing our talents. All art is based on the synthesizing power of the spirit. Without this synthesis, one is left with disconnected elements and no sense of archetype or prototype could exist. Likewise, there could be no ensemble, no psychological gesture, no feeling of the whole of our character or of the play. That part of us which is critical divides and separates our creative need to unite. It disguises our true intellect, which is lofty and creative. What we seek is a thinking heart that combines the thoughts from our intellect with the warmth and fire coming from our hearts.

 

▼The purpose of the Chekhov method is to embody each component of the method as a means of awakening all parts of the method in order to evoke a creative state of mind.

 

It is the actor’s desire to evoke inspiration and a creative state of mind at will. There is a oneness consisting of many component parts to the method. However, all of these parts are connected with one another. As the actor learns to use one correctly, to truly embody one point of the method, other points will awaken by themselves. The deeper one experiences the use of points separately, the greater the possibility that other elements of the technique will appear.

 

▼The actor must penetrate each separate point of the Chekhov Technique and then determine to what degree and by what means it frees his or her talent.

 

An actor is not seeking a method of work that becomes a burden, but a method that will free one’s talents. Chekhov encourages the actor to go over all the various points of the method and ask to what degree and by what means they free his or her talents. This is the primary purpose of the method. The actor then gives his or her attention to how each point of the work answers that question.

 

【参考資料】

the Michael Chekhov Association homepage 

https://www.michaelchekhov.org/resources/additional-resources/

 

 

 

Michael Chekhov Studio Tokyo

マイケルチェーホフスタジオ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp