マイケル・チェーホフ(1891~1955)は20世紀を代表とする俳優の一人。またスタニスラフスキーの一番弟子であり、チェーホフを「最も素晴らしい俳優である。」と評している。

 教師としても優れていたチェーホフは、鋭い観察と経験から独自の演技テクニックを生み出した。

 その価値は多くの俳優に認められ、直接の教え子としてはマリリン・モンロー、ユリ・ブリンナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがいる。またM. チェーホフテクニックを学んだ俳優としてはジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがいる。現在では、全世界の大学や演劇学校などで学ばれる。

 

 マイケル・チェーホフスタジオ東京は、そのテクニックを日本でも正確かつ体系だてて学べるように「機会」「材料(マテリアル)」「講師」を提供している。


NEWS

S. ニコリッチ氏の「声とスピーチのWS」の振り返り会

 

1月に行われたスザンナニコリッチ氏による「声とスピーチのWS」、そこで学んだことを復習する「振り返り会」行います。WSで行ったことはロイヤルシェイクスピアカンパニーのヴォイストレーナーであったシシリーベリー氏のワークを使い、基礎的な呼吸・発声方法を学び、またマイケル・チェーホフテクニックを使い、どうやって声に色付けするのかを学びました。

スザンナニコリッチWSに受講していただいた方だけでなく、また日程的に厳しくて参加できなかった方も参加可能にします。

この振り返り会を円滑かつ有益にするために、ファシリテーターとしてマイケルチェーホフ東京の秋江智文が行います。

使用テキストはスザンナニコリッチWSと同様「俳句」、もしくは「詩」や「台本の抜粋」になります。

 

【内容】

 ≪テクニカル編≫

 ・首の周りのリラックス

 ・背中の下部/下部肋骨/胸での呼吸

 ・五感と呼吸

 ・バイブレーション

 ・子音と母音

 ・イメージと声の連動

 

 M. チェーホフテクニック編≫

 ・地水火風(4エレメント)

 ・思考/感情/意志

 

【ファシリテーター紹介】

 秋江智文

 俳優・演技講師・演出家・マイケル・チェーホフスタジオ東京代表

21歳のときマイケルチェーホフの著作『To the Actor』を読み、強く感銘を受ける。25歳のとき渡英。英国アルテミス・スピーチ&ドラマスクールで、チェーホフテクニックのサラ・ケーン(Sarah Kane)および、校長のクリストファー・ガービー(Christopher Garvey)に師事し、チェーホフテクニックやスピーチテクニックを学ぶ。また『マイケルチェーホフロンドンスタジオ』(Michael Chekhov Studio London)の校長を務めるグラハム・ディクソン(Graham Dixson)にも師事する。現在ではウルリッヒマイヤーホーシュ(Ulrich Meyer-Horsch)を師として、日本でマイケル・チェーホフテクニックを体系立てて教えている。

 

【日程】

229日(土)13:30~1630

 

【場所】
 
スタジオピアーチェ 江戸川橋店

  有楽町線江戸川橋3番出口徒歩2分

  東京都文京区水道2-10-7 エクセルビルB1F

https://studio-piace.com/access.html

 

【定員】

8

 

【受講費】

・スザンナWSを受講・応募していただいた方は1500

WS参加できなかった方は2000

 

【応募方法】

下記のHPの「APPLICATION」より応募ください。

 

 


オープンクラス

毎週一回のクラスで、マイケル・チェーホフテクニックが体系立てて学ぶことができるクラスです。

人前で演技するうえで必要な空間の使い方、役作りの仕方、相手とのつながり方といった要素を、マイケル・チェーホフテクニックを使って学ぶことができます。

 そしてマイケル・チェーホフテクニックの「サイコロジカルジェスチャー」や「イマジナリィセンター」など、内容を総合的に学ぶことができます。毎週行うのでテクニックを身につけ、より実践で使えるように出来ます。

 

※このクラスは毎月一つのことをテーマに絞り、テクニックを学びつつ、じっくり演技を磨いていくクラスです

 ※2019年は毎週木曜日にクラス行います。今月のトライアルレッスンは 3月5日(木)19:15~21:45に行います。

 


マイケルチェーホフモジュールプログラムWS

 

モジュールプログラムは、マイケルチェーホフヨーロッパ(MCE)がM.テクニックを総合的かつ体系的に実践を通して学べるようにしたプログラムです。六つのWS(モジュール)で構成され、「空間」、「目的」、「役作り」など演技に関わるそれぞれ異なるテーマが与えられています。 日本では、2017年のWSを皮切りに、2018年よりモジュールプログラムを導入して行ってまいりました。今年は東京と大阪でモジュールプログラムを行います。

 

≪講師紹介≫

 

デイヴィッドジンダー

 

マンチェスター大学卒業後、イスラエルでプロの俳優をし、バークリーのカリフォルニア大学を首席で博士号を取得、長年テルアビブ大学で教授(名誉教授で退職)を務め、国際的な舞台作品の演出を多く手掛ける。マイケルチェーホフ協会(MICHA)の創設メンバーでありマイケルチェーホフヨーロッパ(MCE)のマスター講師として世界中でWSを多く行っている。彼の著作「身体・声・想像力〈イメージワークトレーニングとチェーホフテクニック〉」はチェーホフテクニックだけでなく、多くの演技トレーニングが入ったとても評価の高い本である。

 

東京:2020年4月21,22,24、25,26日

『モジュール3  役作りⅠ心理的身振り(サイコロジカルジェスチャー) 身体-想像力-感情』   

 

大阪:2020年5月2,3,4,9,10日

『モジュールⅠ メイキングコンタクト 身体-想像力-感情』

 

【料金】

45000円

通訳有り

 

【場所】

〈東京開催WS〉

タイムスぺース https://www.timespace.site/

住所:〒170−0001 東京都豊島区西巣鴨4-26-1 川上ビルB1 https://goo.gl/maps/1zyAFia1EHqH9LsY7

 

〈大阪開催WS〉

一心寺シアター倶楽   

住所:大阪市天王寺区逢阪2-6-13 B1F    

JR天王寺駅より徒歩10分    

地下鉄堺筋線恵美須町駅より徒歩10分    

地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅より徒歩10分

 

【定員】  20名

 

【申し込み】  ホームページ上の「APPLICATION」より申し込みください