マイケルチェーホフ東京について


 マイケル・チェーホフ(1891~1955)は、20世紀を代表する俳優の一人です。スタニスラフスキーの一番弟子であり、「最も素晴らしい俳優である。」と評されるほどでした。

 

 教師としても優れていたチェーホフは、鋭い観察と経験から独自の演技テクニック(マイケル・チェーホフテクニック)を生み出しました。

 

 その価値は多くの俳優に認められてきました。直接の教え子としてはマリリン・モンロー、ユリ・ブリンナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがあげられます。また、M. チェーホフテクニックを学んだ俳優として、ジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがあげられます。

 

 現在では、全世界の大学や演劇学校などで学ばれています。

 

 マイケル・チェーホフスタジオ東京は、そのテクニックを日本でも正確かつ体系立てて学べるように「機会」「材料(マテリアル)」「講師」を提供しています。


NEWS


ドーンアーノルド氏によるオンライントークイベント

オンラインで俳優修業

 ドーンアーノルドはマイケルチェーホフシカゴの芸術監督であり、マイケルチェーホフ協会の講師の一人です。また過去5回にわたり日本の俳優に向けてオンライン演技レッスンをしていただきました。

 

 今回ドーンアーノルドは、オンラインレッスンが俳優の稽古や準備をする際にどのような助けになるのかについて話をします。俳優は、リハーサル、撮影、オーディション、舞台公演などのための稽古や準備に人生の時間のほとんどを費やします。では、俳優は準備や稽古で何をすればよいのでしょうか?マイケルチェーホフは俳優が稽古や準備をするのに効果的なツールを与えました。またオンラインレッスンで、俳優はプライベート空間をクリエイティブな空間に変える方法や、自らにインプロビゼーションを与える方法を教えてくれます。

 また過去にオンラインレッスンに参加した日本の俳優にも、レッスンでの経験や日ごろからどのようにテクニックを使ったのか話を訊いていこうと思います。小川友子さんと林田みきさんに対談の相手となって話をお伺いします。

 

≪質問≫

・オンラインで演技は本当に学ぶことができるのか?

・オンラインで教えること、学ぶことの難しさは?

・部屋を稽古場に変えるためには?

・実りのある稽古にするためには?

・クリエイティブになるコツはなんなのか?

 

■日時

10月9日10:00~12:00

 

■料金

無料

※通訳がつきます

■開催方法

「ZOOM」を使用します。

あらかじめアプリをダウンロードしておいてください。

 

■申し込み方法

下記のリンク先のHPの「APPLICATION」より申し込みください。

 


ドイツで演劇を学ぶ

トークイベント

with ハンブルク演技学校芸術監督

ウルリッヒマイヤーホーシュ

“The actor should never worry about his talent, but rather about his lack of technique, his lack of training, and his lack of understanding of the creative process.” Michael Chekhov

「俳優は自分の才能に気を留めるべきではないが、テクニックの不足、稽古不足、制作過程の理解不足には心を砕くべきである。」マイケルチェーホフ

 

  Actors long to understand and acquire the solid and rich foundation of acting skills. The desire is always followed by a series of questions;  “Where do you learn them?”, “From whom do you learn them?”, and “What technique or method do you have to learn?”.  Some brave actors have tried to study abroad to find the answers. We can think this situation of pandemic as a great opportunity to familiarize ourselves with “What is studying abroad like?” 

 俳優は演技術の強固で豊かな土台を理解し手に入れたいと切望します。しかしその願望に続いて、様々な質問が思い浮かびます―「何を学ぶのか?」「どこで学ぶか?」「誰から学ぶのか?」。勇気のある俳優は、その答えを見つけるべく留学しようとします。今回のパンデミックをチャンスと捉え、「海外(ドイツ)で勉強するというのはどういった感じなのか?」について知っていこうと思います。

  

 Fortunately, Ulrich Meyer-Horsch, honorary artistic director of Michael Chekhov Tokyo, is also Artistic Director of The SCHULE FÜR SCHAUSPIEL HAMBURG (School for Acting Hamburg), which is one of the most prestigious acting schools in Germany. The school accepts also international students.  

 幸運にもマイケルチェーホフ東京の名誉芸術監督であるウルリッヒマイヤーホーシュ氏は、ドイツの著名な学校な一つであるハンブルグ演技学校の芸術監督でもあります。

 

   Germany has long and unique history of theatre.  There were many famous writers, such as Gotthold Ephraim Lessing, Bertolt Brecht, Heiner Müller, and so on. We also see numerous well-known actors on the film or on a stage. It will be very interesting just to know the history and what kind of training they may have received. 

 ドイツは独自の長い演劇の歴史を持っています。ドイツにはゴットホルト・エフライム・レッシング、ベルトルト・ブレヒト、ハイナー・ミュラーなどといった劇作家や演出家や、今でも映画や演劇でも多くのドイツ出身の俳優を見ることがあります。今回はそうした俳優がどのような環境で、どんなことを学んでいるのでしょうか?

 

 Ulrich Meyer-Horsch will give a talk to people who are interested in studying in Germany or just want to know how it is like studying abroad.   

 ウルリッヒマイヤーホーシュ氏はドイツなど留学を考えている人に向けてトークをします。もちろんただドイツ留学がどんな感じなのか知りたい方も参加可能です。

 

※今回のトークは英語でおこなわれます。また通訳がつきます。

 

■SPEAKER/講師

Ulrich Meyer-Horsch

Actor, Director, Artistic Director of The SCHULE FÜR SCHAUSPIEL HAMBURG (School for Acting Hamburg, Artistic Director of the Michael Chekhov Europe, and Honorary Artistic Director of Michael Chekhov Tokyo

Ulrich Meyer-Horsch is a well known actor in Germany, having a 25 years experience of performing at German state and regional theatres, including Deutsches Schauspielhaus, Hamburg, Altonae Theater, Schauspiel Frankfurt, Theater Kiel, and Maxim GorkーTheater Berlin.

Recently he has been playing the leading part in Goethe’s ‘Faust I+II’ at Forum Theater Stuttgart. He has worked in several countries, with artists such as Augusto Boal, Simon McBurney & Complicite, Philippe Gaulier and Yoshi Oida. As an award winning director he is known for his playful productions of the works of Bertolt Brecht. From 2014 to 2016 he served as Associate Artistic Director of Kreuzgangspiele Feuchtwangen, one of Germany’s biggest summer theatres. 

Ulrich Meyer-Horsch holds diplomas in Acting from Schule für Schauspiel Hamburg, and in Theology, Philosophy and Theatre Pedagogy from the Universities of Heidelberg, Hamburg, London (King’s College) and Kiel. 

Ulrich Meyer-Horsch is a Master Teacher of the Michael Chekhov Acting Technique. He studied with Chekhov’s former students Hurt Hatfield, Deidre Hurst du Prey, Mala Powers and Joanna Merlin as well as with masters teachers from Germany and Russia. In his own approach he incorporates the exploration of children’s games and work with masks. Since 1994 he has been teaching throughout Europe, Russia, Taiwan, Brazil and the US. 

He is a guest lecturer at University of Arts Zürich (Switzerland) and Yeditepe University Istanbul (Turkey), and a faculty member of the International Michael Chekhov Organisation MICHA, New York (USA). Since 2014 he is regularly teaching in Taiwan: Taipei National University of the Arts (TNUA) and Taipei Theatre Lab. 

 

ウルリッヒマイヤーホーシュ 

ウルリッヒ・マイヤー‐ホーシュは、ドイツの名門ハンブルグ演劇学校の芸術監督であり、マイケル・チェーホフヨーロッパ(MCE)のマスター講師、チューリッヒ芸術大学(スイス)やイスタンブールのイェディテペ大学(トルコ)で客員講師を務め、ニューヨークの国際マイケル チェーホフ協会(MICHA)の教授会員である。世界各国で教え、近年では台湾やシンガポール、3年前より日本でも教えている。

 

■Host & Interpreter/司会進行&通訳

・Tomofumi Akie

Artistic Director of Michael Chekhov Tokyo 

Actor, Director, and Acting Teacher 

 

・秋江智文

マイケルチェーホフ東京代表

俳優、演出家、演技講師

 

■WHO suits the talk

  • People who want to study performing arts abroad.
  • People who want to know about the curriculum of The SCHULE FÜR SCHAUSPIEL HAMBURG
  • People who live outside Japan. 
  • People who are curious about Germany.
  • Actually, anyone that loves acting!!

 

■TIMETABLE/進行表

0:00~0:10 Introduction(紹介)

0:10~0:40 Talk from Ulrich Meyer-Horsch(トーク)

0:40~1:30 Q&A

 

The duration of the time is approximately 1 hour 30 minutes

トークイベントは1時間30分を予定しております。

 

■Example of Questions/質問例

 ・What is theatrical culture like in Germany? 

 ・What is so special to study in Germany?

 ・What kind of trainings can students have? etc

 

 ・ドイツにはどのような演劇文化がありますか?

 ・ドイツでは勉強することは何が特別ですか?

 ・どのようなトレーニングが受けることができますか?

 

 We will collect questions from participants, and also the talk has Question & Answer.

参加者から質問をあらかじめ集めます。質疑応答の時間も設けます。

 

■DATE/日時

・9月26日18;00~19:30

 18:00 ~ 19:30 JST, September 26, 2021

 11:00 ~ 12:30 CEST, September 26, 2021

■Fee
No charge
無料で受講可能
■ZOOM is used for this event
「ZOOM]が使用されます。

■APPLICATION 

 You can apply from HP or via email below.

下記のHPの「APPILICATION」から申し込みください。 

 E-mail:michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp

 


部屋でもしっかり心と体で演技

オンライン演技レッスン

俳優は自分の身体が十分に発達していないと、台本の登場人物や状況などを思い描くように表現できません。

 

今回のオンラインレッスンではその「役者の身体を作る」ことに取り組みます。役者の体といっても色々な要素があるので、今回はその中でも「コミュニケーション(交流)」をテーマに行います。

 

内容は演技の基本スタニスラフスキーのシステムと、応用であるチェーホフテクニックを使い、座学と実践で演技を学びます。

またマイケルチェーホフテクニックは、心身を使うワークが多くあります。部屋の中でも身も心も使い、スタジオにいるかのように演技トレーニングをしてまいります。

 

◇使用テクニック◇

レーディエイション(放射)、レシービング(受け取る)、サイコフィジカルジェスチャー(心理的動作)、クオリティ(質)、エクスパンション(拡大)&コントラクション(縮小)、センター、テンポ&リズム、レイ(光線)、目的&行動、障害

 

◇このような人におすすめ◇

地方でレッスンが受けられない方

体がなまって、心身を動かしたい方

演技の基本を知りたい方

身体からのアプローチに興味がある方

 

【対象】

心身が健康で演技が好きな方

 

【日時】

9月15・22・29日/10月6日(水)20:00~22:00

※全四回となります。

 

【料金】

10000円

※支払いは銀行振り込み又はPAYPALからになります。

 

【受講方法】

「ZOOM」を使用します。

またアプリのダウンロードがお済でない方は、レッスン前に完了しておいてください。

 

【申し込み】

APPLICATION」よりお申し込みください。

 


芝居の基礎から学べる

ベーシッククラス

 俳優の身体を創ること基本的な演技の技術の習得することをテーマにレッスンを行います。9月から新たにスタートします!

 俳優の身体はスポーツマンや音楽家のような明らかに目に見える技術はありません。しかしプロの役者には、感情を外につたえるための敏感な身体、外界を感じるための敏感な五感、身心扱うための技術、芸術に対する態度などが存在します。

 マイケルチェーホフテクニックは世代、性別、国籍を超えて誰でも使え、過去に縛られず、人の眠る潜在的な創造性を呼び起こします。

 

■レッスンの内容■

 ① 土台(principal

マイケルチェーホフテクニックには、ツールやテクニックを体得したり応用したりするための土台がある。

 

楽な感覚・形の感覚・美の感覚・全の感覚、インナーボディ・アウターボディ、サイコフィジカル(心理的・身体的)エクササイズ、センター、アーティスティックエゴ(芸術的な自我)、4種類の動き(放つ・流れる・飛ぶ・成形する)、集中

 

② ツール

マイケルチェーホフは、師であるK. スタニスラフスキーが作ったシステムをより体得しやすしたツールがある。また独自の考えで作り出したツールなどもある。テキストを使いながらそれらを学んでいく。

 

クオリティ・センセーション、サイコフィジカルジェスチャー(心理的動作)、アーキタイプキャラクター(原型キャラクター)、アトモスフェア

 

③ キャラクター

  マイケルチェーホフは、モスクワ芸術座の俳優であったことから看板役者であった。彼の類まれなる心身共に役に自分を「変化(トランスフォーメーション)」させる力に観客は魅了されたのである。

 

イマジナリィセンター(想像的な核)、イマジナリィボディ(想像的な身体)、パーソナルアトモスフェア、サイコフィジカルジェスチャー(心理的動作)、知情意(センター)

 

※一つの項目ごとに2か月程度をかけて学んでまいります。

※いつのタイミングに体験していただいても構いません。

 

 

≪こんな人におすすめです≫

・なかなか自分の壁を破れない

・身体を使ったアプローチに興味がある

・従来の知的なアプローチが向かない

・想像力をうまく演技に生かすことができない

 

【日時&場所】 

■毎週木曜日19:15~21:45 

東京周辺のスタジオ

 

【料金】

・体験1000円

・単発2500円

・1カ月(4回)9 000円 ※チケット制となります。

 

【申し込み】 

HPの「APPLICATION」よりお申込みください 


マイケル・チェーホフテクニックを総合的に学ぶ

レギュラークラス

 経験者のみが受講できるマイケル・チェーホフテクニックを実践的に学ぶ定期クラスです。人前で演技するうえで必要な空間の使い方、役作りの仕方、相手とのつながり方といった要素を、マイケル・チェーホフテクニックを通してしっかりと身につけていくことができます。

 

※このクラスは2ヶ月一つのテーマに絞ってテクニックを学びつつ、演技をじっくりと磨いていくクラスです。

※2021年度は毎週土曜日18:15~20:45にクラス行います。

 

≪こんな方におすすめ!≫

  • じっくり演技を学びたい人
  • 自分の想像性を生かしたい人
  • 演技への身体的なアプローチに興味がある人
  • チェーホフテクニックを真剣に学びたい人
  • ありきたりな演技から脱したい人 
  • 身体に自信がない方

【場所】

 スタジオピアーチェ四ツ谷ピッコロ店

 

【日時】

毎週土曜日18:15~20:45

 

【料金】

チケット制 1回2500円 / 4回9000円

※トライアルレッスン1000円となります。

 

【申し込み】 

HPの「APPLICATION」よりお申込みください 

 

 

 

Michael Chekhov Studio Tokyo

マイケルチェーホフスタジオ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp