マイケルチェーホフ東京について


 マイケル・チェーホフ(1891~1955)は、20世紀を代表する俳優の一人です。スタニスラフスキーの一番弟子であり、「最も素晴らしい俳優である。」と評されるほどでした。

 

 教師としても優れていたチェーホフは、鋭い観察と経験から独自の演技テクニック(マイケル・チェーホフテクニック)を生み出しました。

 

 その価値は多くの俳優に認められてきました。直接の教え子としてはマリリン・モンロー、ユリ・ブリンナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがあげられます。また、M. チェーホフテクニックを学んだ俳優として、ジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがあげられます。

 

 現在では、全世界の大学や演劇学校などで学ばれています。

 

 マイケル・チェーホフスタジオ東京は、そのテクニックを日本でも正確かつ体系立てて学べるように「機会」「材料(マテリアル)」「講師」を提供しています。


NEWS


ベーシッククラス

変身:想像力を使った役作り

 

 演技で悩む俳優は、「基礎を知らない/習ったことがない。」、「メソッドはなんか聴いたことがあるけど使えない」、「色々やったけど、何が基礎かが分からない。」ということを言います。こうした基礎がないということで俳優は不安で悩み続けます。

 今回のベーシッククラスでは「変身:想像力を使った役作り」に取り組みます。台本の中の役は架空の存在です。その架空の人間を演じるためには頭で理解するだけではなく、まるで本当のその人物がいるかのように想像しなければなりません。そうした想像した人物になることで、役者は全く別人に変身することができるのです。

 想像力を使ったやり方で役をみつけることで、普段の自分とは全く違う人物になれ、台本の中のストーリーに忠実だけど個性的に演じられ、観客もあなたが演じる役を通して物語に集中することができます。 

 今回は全六回のクラスで基礎的な想像力を使った役の見つけ方から役への変身方法について学んで行きます。

 

▼テキスト

テキストはモノローグ(独白)とダイアローグ(対話)を使います。

受講生を見てテキストは選考します。

 

▼定員

7名

 

▼申込条件

・心身が健康な俳優/俳優志望の方

 

▼日時

全5回 10/1・8・15・22・29(日) 18:00~22:00

 

▼場所

K‘Sスタジオ新館

〒166‐0003

東京都杉並区高円寺南1-6-3

ISOビル4階

https://koenjiksstudio.wixsite.com/mysite/blank

 

スタジオピアーチェ春日後楽園店 

東京都文京区春日2丁目23-11 コア伝通院アネックス地下一階

https://studio-piace.com/access.html

 

▼料金

20000円(場所代込)

 

▼申し込み方法

HPの「APPLICATION」より申し込みください

https://www.michael-chekhov-tokyo.com/application/

 

詳細はコチラ


第10回

ドーン・アーノルド氏によるオンラインレッスン

悲劇

W.シェイクスピア著「ロミオとジュリエット」

  10回目となるドーン・アーノルド氏(以下ドーン)によるレッスンです。全国から受講生が参加していただいている大好評のオンラインレッスンです。ドーンはマイケルチェーホフシカゴの芸術監督であり、チェーホフテクニックの本部ともいえるアメリカのマイケルチェーホフ協会(通称MICHA)で講師養成の講師も務め、国際的にも活躍する講師です。レッスンはいつも温かく創造的な雰囲気で、受講生は安心してチャレンジできます。

今回のテーマは『悲劇』のジャンル、題材はW.シェイクスピア著「ロミオとジュリエット」に取り組みます。その中では、役は超自然的な力、いわゆる運命と呼ばれるものによって翻弄され、悲運な結末を遂げます。チェーホフテクニックでいかにして演技のジャンルに挑むのか、皆でぜひ探求しましょう!

 

▼対象者
 俳優、または俳優を目指す方

 

▼日程
10
222911月51226日/1231017()10:15~12:15(全8回)

※お休みの場合は録画をお送りいたします。

1119日はお休みとなります。

 

▼開催方法
オンライン(zoom)を使用します。

※体を動かすので、両手を広げて物にぶつからない程度のスペースが必要
※ラップトップPC、デスクトップPC、タブレットなどの使用をお勧めします。

 

▼料金

オンライン参加:20000

アーカイブ視聴:1000円/回

※支払いは銀行口座・Paypalの振り込みになります
※通訳付き

▼定員
10

 

▼使用テキスト

「ロミオとジュリエット」

著者:ウィリアム・シェイクスピア

 

▼申し込み
HP
APPLICATIONからお申し込みください。

 

詳細はこちら


オンラインリーディングクラス

「演技術について」を読む

第七章「台本から稽古場」

 

 翻訳させていないマイケルチェーホフ著“On the Technique of Acting”「演技術について(筆者訳)」を読んで、皆でディスカッションを通して理解を深めていきます。

 

すでに翻訳されているマイケルチェーホフ著作「To the Actor/演技者へ」は、出版された当時の俳優に受け入れられるように編集され、幾つか章は削除されたりしています。このクラスで使用するマイケルチェーホフ著“On the Technique of Acting”「演技術について(筆者訳)」は、「演技者へ」には書かれていないことも含まれ、チェーホフの考えをより知ることができる書籍になります。

 

今回のリーディングクラスではこの第七章「台本から稽古場」を扱います。これは稽古場や舞台で台本から演技までの流れや、舞台上で意識すべき点などが書かれています。

 

 

【使用テキスト】

受講生の方に翻訳した第7章「台本から稽古場」をお送りします。

原書(英語)に興味がある方は下記から購入が可能です。

https://www.amazon.co.jp/.../dp/0062730371/ref=sr_1_1...

 

▼受講料

3000円

※銀行振り込みでお願いします。

 

▼日時

10月1日/10月8日10:00~11:30

 

▼申込方法

HPの「APPLICATION」より申し込みください。

 

詳細はこちら


マイケルチェーホフトレーニングクラス

 マイケルチェーホフテクニックを使って、役者の日々の鍛錬の演技トレーニングクラスです。単発受講OK、お試し受講OKになります。

身体訓練を行なったり、心身をダイナミックに使ったり、想像力を駆使してキャラクターワークを行なったり、普段できないアンサンブルワークを行なったりと演技に必要な能力を高めます。

 演技経験者やチェーホフテクニック経験者が、日々のメンテナンス、新たな知識や技術の習得、新たな自分へのチャレンジ、課題の克服などの目的で行います。

 

▼対象者

俳優、もしくは俳優を志す方

 

▼定員

6名

※参加申し込みが必要です

 

▼日時

・毎週土曜日18:15~21:45

 

▼場所

東京都内スタジオ

 

▼料金

  □スタンプカード4回分 11000円

 □単発レッスン 3000円

 □お試し受講  1000円

 

▼申し込み

下記のHPの「APPLICATION」より申し込みください。

 

 詳細はこちら


3ヶ月演技トレーニング×3ヶ月公演に向けての稽古

演劇が好きな社会人のための演技クラス

 Tomo’s Acting WSの小川友子とマイケルチェーホフ東京の秋江智文が7月から半年かけて演技レッスンを行います。初めの3ヶ月は基礎的な演技の技術を高め、あとの3ヶ月かけて公演に向けて稽古をします。作品は受講生を見て選定します。公演は12月下旬に予定しております。

 

▼対象者

演技が好きな方ならどなたでも

特に経験は問いません

 

▼日時

7月1日(土)10:15~14:45

※毎週土曜日に行います。

※必要に応じて稽古日を増やします。

 

▼場所

練馬区の施設

 

▼受講料

月15000円

 

▼定員

10名

 

▼申込方法

HPの「APPLICATION」より申し込みください

 

詳細はコチラから

 

Michael Chekhov  Tokyo

マイケルチェーホフ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp