マイケルチェーホフ東京について


 マイケル・チェーホフ(1891~1955)は、20世紀を代表する俳優の一人です。スタニスラフスキーの一番弟子であり、「最も素晴らしい俳優である。」と評されるほどでした。

 

 教師としても優れていたチェーホフは、鋭い観察と経験から独自の演技テクニック(マイケル・チェーホフテクニック)を生み出しました。

 

 その価値は多くの俳優に認められてきました。直接の教え子としてはマリリン・モンロー、ユリ・ブリンナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがあげられます。また、M. チェーホフテクニックを学んだ俳優として、ジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがあげられます。

 

 現在では、全世界の大学や演劇学校などで学ばれています。

 

 マイケル・チェーホフスタジオ東京は、そのテクニックを日本でも正確かつ体系立てて学べるように「機会」「材料(マテリアル)」「講師」を提供しています。


NEWS


One Day ワークショップ

ACTION & REACTION

行 動  と  反 応

「演劇の基本は行うことであり、動的ある。…中略…ラテン語において、それに相当する言葉がactio(駆ること)であり、その語源はaction(演技・行動)、actor(俳優)act(行う・演技する)という言葉に引き継がれている。ゆえに、演劇は行動が表現されるのをみることであり、俳優はその行動の担い手(agent)なのである。」K. スタニスラフスキー

 

「行動することは受け取ることの結果である。」S. ラッシュ

 

 今回のワークショップのテーマ「行動&反応」です。ある意味。演劇は役が追い求める願望に向けてとる、「抗う」、「考える」、「悩む」、「攻撃する」、「共感する」といった行動を見せるものです。そして行動は役の絶え間ない反応の結果にあります。

 

 この芝居の基礎を、マイケルチェーホフのテクニックを使って探求し身体化させていきます。

 

【使用するテクニック】

サイコロジカルジェスチャー(心理的動作)、センター、レーディエイティング(放射)、受け取る&渡す(変更の可能性あり)

 

■日時

 5月2日14:15~17:45(14:00開場)

 途中休憩あり

 

■場所

     スタジオピアーチェ四ツ谷グランド店

 JR四ツ谷駅四ツ谷口/丸の内線四谷三丁目駅4番出口徒歩5分

 東京都新宿区四谷三栄町12-7 TERRACE SITE 四谷地下一階

 ※四ツ谷デンタルオフィスが1Fにあります。

 

■服装・持ち物 

 動きやすい服装をご準備ください。

 足元は、動きやすい内履き又は裸足でよろしくお願いします。

      何か質問などがありましたら連絡よろしくお願いします。

 

■料金

4000円

銀行・PAYPALでの振り込みになります

 

■定員

8名

 

■申込方法

 HPの「APPLICATION」より申し込みください

 


気軽に受講ができる

オンライン体験レッスン

 現代演技教育の父であるK.スタニスラフスキーの弟子であり、20世紀を代表する俳優の一人であるマイケルチェーホフ。その彼が生み出した演技テクニックをオンラインで体験できます。

 

 内容はサイコ・フィジカルエクササイズ(心理・身体的エクササイズ)です。これは体の内面(心・エネルギーなど)と身体をつなげるエクササイズになります。心身の意識を高め、より感情や役が表現豊かにかつ鋭敏にできるようにします。

 

【日時】

4月18日(日)10:00~12:00

 

【定員】

8名程度

 

【受講方法】

Zoomを使用します

 

【受講料】

無料

※直前のキャンセルはないようにしてください。

 

【申込方法)

HpのAPPLICATIONより申し込みください


スタジオで思いっきり心身を動かす

スタジオ体験レッスン

 緊急事態宣言も明けたので、本格的にスタジオレッスンを再開します。多くの俳優に受講してもらうべく、スタジオでの体験レッスンを行います。

 

 内容はマイケルチェーホフテクニックの基本である「サイコフィジカルエクササイズ(心理・身体的エクササイズ)」を行います。これは体の内面(心・エネルギーなど)と身体をつなげるエクササイズになります。心身の意識を高め、より感情や役が表現豊かにかつ鋭敏にできるようにします。

 

【日時】

4月29日(木)10:15~12:45

 

【定員】

8名程度

 

【場所】

スタジオピアーチェ四ツ谷グランド店

 JR四ツ谷駅四ツ谷口/丸の内線四谷三丁目駅4番出口徒歩5分

東京都新宿区四谷三栄町12-7 TERRACE SITE 四谷地下一階

 

【受講料】

無料

※直前のキャンセルは「なし」でよろしくお願いします。

 

【申込方法)

HpのAPPLICATIONより申し込みください


ドーンアーノルド氏によるオンラインレッスン

「夏の夜の夢」の二役に同時に挑む

サイコロジカルジェスチャーで役作り

「俳優が台本の内容や話の流れを知っているということは、頭だけでなく、俳優の全存在に広がっているということである。~(中略)~それは動作(ジェスチャー)を通して、学者以上に芝居や役について、より真実味があり奥深いものを知ることである。」

 

サイコロジカルジェスチャー(心理的動)はマイケルチェーホフ演技テクニックにおいて最も有名であると言えます。役の願望や意図や動機を身体の動きに表したものです。身体を動かすことで、役の内面である感情や想像力を掻き立てるのです。

 目的や行動といったことを考えるだけで役を捉えるのではなく、効率的に身体化させ、そしてダイナミックに使うようにしてくれます。

 

 今回はこのサイコロジカルジェスチャーを使い「役作り」に取り組みます。使用テキストはシェイクスピア作「夏の夜の夢」です。人間や妖精、貴族と職人、男と女というコントラストがはっきりしている役から2役選び演じてもらいます。

 かなり内容は挑戦的ですが、ぜひご参加ください。

 

【講師:ドーンアーノルドのここがすごい!】

・国際的に活躍されている講師である。

・教え方がとても丁寧 (わかりやすい資料を提供してくれる)。

・自身が女優でもあるので、実践的な観点からも話をしてくれる。

・様々なメソッドにも精通しているので、総合的な観点からテクニックを教えてくれる。

・とても温かく、穏やかな雰囲気でレッスンを行う。しかも、とっても芸術的かつ情熱的!

 

【主催者からのあいさつ】

 ドーンアーノルド氏によるオンラインレッスンは今回で4回目となります。継続の理由は内容だけでなく、講師しての懐の深さや知識の広さにあります。レッスンの雰囲気も穏やかで安心して受講できます。

 彼女のレッスンはオンラインといえども、座学ではなくほとんど体を動かしながら、自分の演技を見つけ役を探求します。

 

【日程】

5月2日より毎週日曜日 10:00~12:00 全6回

(5月2、9、16、23、30日/6月6日)

 

【開催方法】

オンライン(ZOOM)で行います。

 

【料金】

15000円

※支払いは銀行口座・Paypalの振り込みになります

※通訳付き

 

【定員】

10名

 

【使用テキスト】

シェイクスピア作「夏の夜の夢」

※出版社の指定なし

 

【申し込み】

HPのAPPLICATIONからお申し込みください。

 

【講師:ドーン・アーノルド】

女優、演出家、教える専門としたアーティスト

“The Moving Dock Theatre Company” と“チェーホフスタジオシカゴ”の創設者であり、芸術監督である。また『Unsung Stars』『 Celestial Mechanics- or the Questionable Attraction of Entities』『 Savage/Love』『The Anton Chekhov Book Club』を演出する。また『Galway Bay, Einstein’s Dreams』『Ocean Sea』『The Quiltmaker’s Gift』『Shakespeare's Notebook』を共同制作・演出を行う。

また女優として“The Moving Dockシアター”と共に 『The Anton Chekhov Book Club』『 Galway Bay』『Undercurrents』『OceanSea』 『WEleemosynary』に出演。“Alchymiaシアター”と共に 『Flood』でや、『桜の園』のラネーフスカヤを含む数多くの役を演じ、『Heartbreak House』 『Mud』 『リチャード三世』。 また“Chicago's Boitsovバレエ”のために『Spirit of the Dance』 一人芝居『The Lydia Etudes - AboutLoving Anton Chekhov』を出演・製作。またムーブメントディレクターやリハーサル中の演技講師として、“Vitalistシアター”“Porchlight Musicシアター”“Houseシアター”“Janus シアター”と共に制作を手掛ける。“シカゴシェイクスピアシアター“や”Lookingglassシアター”“Goodmanシアター”“Court Theatreシアター”などの俳優や“Lyricオペラシカゴ”のオペラ歌手に向けて演技指導を行う。

マイケルチェーホフ協会(MICHA)でトレーニングを受けた、チェーホフテクニックのこうしであり。マイケルチェーホフのマスタークラスのドキュメンタリーにも登場する。また彼女はマイケルチェーホフ協会、マイケルチェーホフアクティングニューヨークスタジオ、“Lyric Opera of Chicago's Patrick G“、”Shirley W. Ryan オペラセンター“”マイケルチェーホフスタジオシカゴ“の講師の一人である。またマイケルチェーホフヨーロッパにも招聘を受け国際的に活躍する講師である。

ドーン・アーノルドが書いた記事

https://perform.ink/actor-discovering-michael-chekhov-acting-technique/ 

 


オンライントークイベント

世界の俳優・講師と話をしよう

インスピレーション

 

「我々の目的はインスピレーションを沸かせることであり、私たちのすること全てはインスピレーションを得るための方法なのである。」マイケルチェーホフ

 

今回のシリーズトーク「世界の俳優・講師と話をしよう」ではアイルランドの演技講師・俳優であるデクラン・ドロハン氏をお招きします。 

今回のテーマは「インスピレーション」です。ひらめき、思いつき、妙案などと訳されます。知識や慣例に左右されず、自らの道を照らしだすひらめきは、芸術家だけにとどまらず道に迷ったり、歩みを止めたりしたとき、誰にとっても欠かせないものです。マイケルチェーホフ演技テクニックでは、とりわけこのインスピレーションを大切にします。画家の横尾忠則の著作「ぼくは閃きを味方に生きてきた」のタイトルのように、閃き(インスピレーション)によって人の行動やあり方は変化するものです。

 

「インスピレーションは存在するが、インスピレーションが、我々が活動しているのをみつけなくてはならない。」P.ピカソ

「私のテクニックの主な目的は、インスピレーションと呼ばれるつかみどころのない陽炎を、確実に呼び起こせられる状態を見つけることにある。」マイケルチェーホフ

 

 しかしインスピレーションは掴みどころがなく、思うように湧かせることができません。今回のオンライントークでは、インスピレーションとその呼び起こすための方法をしり、実際に体を動かし、何かを制作をすることを通して学んで行きます。

 

■トーク概要

⑴インスピレーションに関して理解する(座学でしっかり学びましょう。)

⑵実際にインスピレーションを使うためのウォームアップ(インスピレーションを沸かせるための身体の準備。)

⑶俳句や詩をつかって作品を制作(どんなものができるのは、あなたのインスピレーション次第!)

 

≪講師紹介≫

デクラン・ドロハン

 演出家、俳優、音楽家、文芸修士、Dip.Ad.Ed。

現在、文芸学士(Hons)で講義を行う。ゲイティ演技学校の卒業生である彼は、ダブリンのDIT(Dublin Institute of Technology)の著名な音楽とドラマの音楽と演劇の音楽院での演技プログラムの元コースリーダーである。  30年のキャリアの中で、監督としての彼の仕事は、古典的なテキストを革新的な方法での再創造から、重度障害を抱える人を大規模な主流の演劇に統合するという革新的なコミュニティベースのプロジェクトまである。社会教育、演劇訓練、障害/平等における、彼のコンサルタントとトレーナーとしての仕事は90年代の中核である。

ダブリン劇場フェスティバルシーンの彼のヴィジョンは、アイルランドの北西部に移転して以来からも一貫している。(「私がポップスターになれなかった方法」- 2001、「フランク・ピッグはハロー」- 2005、「リトルダークスター」 - 2006、「骨の月の下で」 - 2015)。

過去3年間、イェーツプロジェクトの彼の演出は、大学独自のブラックボックススペース、イェーツビル、スライゴ、グレンセンター、マナーハミルトンでテキストのパフォーマンスで、ITスライゴでBAオナーズプログラムのための主要なアウトリーチプロジェクトとなっている。

過去5年間の博士号研究は、マイケルチェーホフテクニックでマイケルチェーホフヨーロッパ(MCE)とマイケルチェーホフ協会(MICHA)の国際的な講師から包括的な訓練を受けたうえで行われている。

 

■日時

4月11日(日) 17:00~20:00

(開始10分前には参加できるようにしてあります。)

■対象者

演劇を愛する人であればどなたでもOK

■定員

15名

■開催方法

「Zoom」を使用します。まだ使ったことない人は予め試しください。

 ディバイスは携帯ではなく、パソコンやタブレットの使用をお勧めします。

■料金

無料 (通訳付き)

■申込方法

下記のHPの「APPLICATION」より参加の申し込みをしてください。

 


役者の身体を創る

ベーシッククラス

 毎週水・木曜日19:15~のクラスは、俳優の身体を創ることをテーマにレッスンを行います。

 俳優の身体はスポーツマンや音楽家のような明らかに目に見える技術はありません。しかしプロの役者には、身心扱うための明確な技術や、芸術に対する意識や態度などが存在します。

 とりわけマイケルチェーホフテクニックは身体や想像力のエクササイズを使い、実に楽しく有意義なものです。

 

≪こんな人におすすめです≫

・なかなか自分の壁を破れない

・身体を使ったアプローチに興味がある

・従来の知的なアプローチが向かない

・想像力をうまく演技に生かすことができない

【日時】

毎週木曜日19:15~21:45

 

【場所】

都内のスタジオ(豊島区・江戸川区・新宿区などで行うことが多いです。)

 2021年5月よりK’っスタジオで行います

【料金】

1カ月(4回)9 000円

※チケット制となります。

 

【申し込み】 

HPの「APPLICATION」よりお申込みください 


マイケル・チェーホフテクニックを総合的に学ぶ

レギュラークラス

マイケル・チェーホフテクニックを総合的に学ぶ定期クラスです。人前で演技するうえで必要な空間の使い方、役作りの仕方、相手とのつながり方といった要素を、マイケル・チェーホフテクニックを通してしっかりと身につけていくことができます。

 

※このクラスは毎月一つのテーマに絞ってテクニックを学びつつ、演技をじっくりと磨いていくクラスです。

※2020年年度は毎週土曜日18:15~20:45にクラス行います。

 

 

≪こんな方におすすめ!≫

  • じっくり演技を学びたい人
  • 自分の想像性を生かしたい人
  • 演技への身体的なアプローチに興味がある人
  • チェーホフテクニックを真剣に学びたい人
  • ありきたりな演技から脱したい人 
  • 身体に自信がない方

【場所】

 スタジオピアーチェ四ツ谷ピッコロ店

 

【日時】

毎週土曜日18:15~20:45

 

【料金】

チケット制 1回2500円 / 4回9000円

※トライアルレッスン1000円となります。

 

【申し込み】 

HPの「APPLICATION」よりお申込みください 

 

 

 

Michael Chekhov Studio Tokyo

マイケルチェーホフスタジオ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp