マイケルチェーホフ東京について


 マイケル・チェーホフ(1891~1955)は、20世紀を代表する俳優の一人です。スタニスラフスキーの一番弟子であり、「最も素晴らしい俳優である。」と評されるほどでした。

 

 教師としても優れていたチェーホフは、鋭い観察と経験から独自の演技テクニック(マイケル・チェーホフテクニック)を生み出しました。

 

 その価値は多くの俳優に認められてきました。直接の教え子としてはマリリン・モンロー、ユリ・ブリンナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがあげられます。また、M. チェーホフテクニックを学んだ俳優として、ジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがあげられます。

 

 現在では、全世界の大学や演劇学校などで学ばれています。

 

 マイケル・チェーホフスタジオ東京は、そのテクニックを日本でも正確かつ体系立てて学べるように「機会」「材料(マテリアル)」「講師」を提供しています。


NEWS


ウルリッヒマイヤーホーシュ氏によるオンライントークイベント

Listening(耳を傾ける)

「21世紀に多くの争いは、聴くことが一様に欠いていることが原因となっている。モノローグ(独白)は言うが、しかし本当のダイヤローグ(対話)にはエネルギーを注がない。舞台上で聴かないことは、行き止まりを意味するのである。…(中略)…しかし感じることは、全ての演技やパフォーマンスは能動的な静寂から始まるということである。」ウルリッヒマイヤーホーシュ

 

 COVID-19により全世界の状況が一変して早一年が経ちました。まだ完全に収束する見通しが立たない中、今回も皆様に元気とインスピレーションを与える企画を立ち上げました。

 ドイツの名門のハンブルグ演技学校の芸術監督であり、マイケルチェーホフ東京の名誉芸術監督でもあるウルリッヒマイヤーホーシュ氏に2回連続トークをしていただきます。

 

 今回のテーマは「Listening(耳を傾ける)」です。演劇の基本は「受ける&渡す」です。そして俳優にとって聴くことは、相手の考えや意図を受け取る上で必要不可欠な能力です。演技において相手をどのように聴くかで、演技の質は大きく変化します。

制作会議、稽古、舞台本番などの芸術現場はすべて耳を傾けることから始まり、未来の表現につなげていきます。しかし周りをみると人の話に耳を貸さず、一方的に話をすることがあります。

 

 新たなものを生み出すために、どのように人は聴くべきなのでしょうか?

 

二回のトークで、オットーシャーマンのU理論や、マイケルチェーホフ演技テクニックなどを使い、過去や偏見にとらわれず相手に耳を傾け、未来の変化につながる術を学んでいきます

 

【企画概要】

・今回は2回連続のトークイベントになります。一回目のみの受講可能ですが、二回目のみの受講は不可になります。

・トークだけではなく、身体を動かすワークも行います。

・質疑応答の時間も設けますので、その時にでもお知らせください。

・通訳はマイケルチェーホフ東京代表の秋江智文が行います。

 

◇◆◇講師紹介◇◆◇

ウルリッヒマイヤーホーシュ Ulrich Meyer-Horsch

名誉芸術監督 / Honorary Artistic Director 

ハイデンベルグ大学やロンドン大学キングスカレッジで、ハンブルグ演劇学校で、演技や神学・哲学・劇場教育学などの学位を取得。ドイツの名門ハンブルグ演劇学校の芸術監督であり、マイケル・チェーホフヨーロッパ(MCE)のマスター講師、チューリッヒ芸術大学(スイス)やイスタンブールのイェディテペ大学(トルコ)で客員講師を務め、ニューヨークの国際マイケル チェーホフ協会(MICHA)の教授会員である。サイモン・マクバーニー、ヨシ・オイダ、デヴィッド・ジンダー、アウグスト・ボアールなどと仕事をしている。

ヨーロッパ各国、ロシア、台湾、ブラジル、アメリカなど世界各国で教えている。世界各国で教え、近年では台湾やシンガポール、3年前より日本でも教えている。

 

■日時

3月21日/28日 19:00~21:00

(開始10分前には参加できるようにしてあります。)

 

■対象者

演劇を愛する人であればどなたでもOK

 

■定員

50名

 

■開催方法

「Zoom」を使用します。まだ使ったことない人は予め試しください。

 ディバイスは携帯ではなく、パソコンやタブレットの使用をお勧めします。

 

■料金

無料(通訳付き)

 

■申込方法

下記のHPの「APPLICATION」より参加の申し込みをしてください。


役者の身体を創る

ベーシッククラス

 毎週水・木曜日19:15~のクラスは、俳優の身体を創ることをテーマにレッスンを行います。

 俳優の身体はスポーツマンや音楽家のような明らかに目に見える技術はありません。しかしプロの役者には、身心扱うための明確な技術や、芸術に対する意識や態度などが存在します。

 とりわけマイケルチェーホフテクニックは身体や想像力のエクササイズを使い、実に楽しく有意義なものです。

 

≪こんな人におすすめです≫

・なかなか自分の壁を破れない

・身体を使ったアプローチに興味がある

・従来の知的なアプローチが向かない

・想像力をうまく演技に生かすことができない

【日時】

毎週木曜日19:15~21:45

 

【場所】

都内のスタジオ(豊島区・江戸川区・新宿区などで行うことが多いです。)

 

【料金】

1カ月(4回)10000円

※月謝制となります。

 

【申し込み】 

HPの「APPLICATION」よりお申込みください 


マイケル・チェーホフテクニックを総合的に学ぶ

レギュラークラス

マイケル・チェーホフテクニックを総合的に学ぶ定期クラスです。人前で演技するうえで必要な空間の使い方、役作りの仕方、相手とのつながり方といった要素を、マイケル・チェーホフテクニックを通してしっかりと身につけていくことができます。

 

※このクラスは毎月一つのテーマに絞ってテクニックを学びつつ、演技をじっくりと磨いていくクラスです。

※2020年年度は毎週土曜日18:15~20:45にクラス行います。

 

 

≪こんな方におすすめ!≫

  • じっくり演技を学びたい人
  • 自分の想像性を生かしたい人
  • 演技への身体的なアプローチに興味がある人
  • チェーホフテクニックを真剣に学びたい人
  • ありきたりな演技から脱したい人 
  • 身体に自信がない方

【場所】

 スタジオピアーチェ四ツ谷ピッコロ店

 

【日時】

毎週土曜日18:15~20:45

 

【料金】

チケット制 1回2500円 / 4回9000円

※トライアルレッスン1000円となります。

 

【申し込み】 

HPの「APPLICATION」よりお申込みください 

 

 

 

Michael Chekhov Studio Tokyo

マイケルチェーホフスタジオ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp