マイケルチェーホフ東京について


 マイケル・チェーホフ(1891~1955)は、20世紀を代表する俳優の一人です。スタニスラフスキーの一番弟子であり、「最も素晴らしい俳優である。」と評されるほどでした。

 

 教師としても優れていたチェーホフは、鋭い観察と経験から独自の演技テクニック(マイケル・チェーホフテクニック)を生み出しました。

 

 その価値は多くの俳優に認められてきました。直接の教え子としてはマリリン・モンロー、ユリ・ブリンナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがあげられます。また、M. チェーホフテクニックを学んだ俳優として、ジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがあげられます。

 

 現在では、全世界の大学や演劇学校などで学ばれています。

 

 マイケル・チェーホフスタジオ東京は、そのテクニックを日本でも正確かつ体系立てて学べるように「機会」「材料(マテリアル)」「講師」を提供しています。


NEWS


第六回ドーンアーノルド氏によるオンラインレッスン

交流

 六回目となるドーンアーノルド氏によるオンラインレッスンです。受講生から、大変分かり易く、体を使いアクティブに学べるレッスンとして大変好評をいただいております。

 今回のテーマは「交流」です。役と役との交流は対立や団結など関係性を描く演劇にとって、とても重要なスキルです。

 マイケルチェーホフテクニックを使い、楽器である俳優の心身を磨き、そして役やストーリーへのアプローチ方法、役と役との交流の方法なども学んでまいります。

 今回使用するテキストは「ヴァージニアウルフなんかこわくない」を書いたアメリカの文豪エドワード・オールビー著「海の風景」を使用します。

 

■こんな俳優が受講されています

・プロを目指しているが勉強中の方

・演技基礎に取り組みたい方

・チェーホフテクニックを深く学びたい方

・身体からのアプローチで演劇を学びたい方

 

【主催者からのあいさつ】

コロナ禍でもクリエイティブな精神を持ち、演技の研鑽を続けたいと願う俳優のおかげでこのオンラインレッスンも第六回を迎えることになりました。

今回のテーマは「交流」です。人と交流することは、オンラインでは難しいとは思われていますが、身体や想像力を駆使すれば多くの学びや気づきが生まれると思います。もちろん初めての方も歓迎です。

 

■日時

10月17日(日)より毎週日曜日10:00~12:00で全六回

(10月17, 24, 31,日/11月7,14,21日)

 

■開催方法

オンライン(zoom)で行います。

携帯画面は小さいので、ラップトップやデスクトップなどの大きな画面で受講することをお勧めします。

 

■料金

15000円

※支払いは銀行口座・Paypalの振り込みになります

※通訳付き

 

■定員

12~3名

 

■使用テキスト

アントンチェーホフ「三人姉妹」

※出版社指定なし

 

■申し込み

HPのAPPLICATIONからお申し込みください。

 

□講師紹介□

ドーン・アーノルド

女優、演出家、教える専門としたアーティスト

“The Moving Dock Theatre Company” と“チェーホフスタジオシカゴ”の創設者であり、芸術監督である。また『Unsung Stars』『 Celestial Mechanics- or the Questionable Attraction of Entities』『 Savage/Love』『The Anton Chekhov Book Club』を演出する。また『Galway Bay, Einstein’s Dreams』『Ocean Sea』『The Quiltmaker’s Gift』『Shakespeare's Notebook』を共同制作・演出を行う。

また女優として“The Moving Dockシアター”と共に 『The Anton Chekhov Book Club』『 Galway Bay』『Undercurrents』『OceanSea』 『WEleemosynary』に出演。“Alchymiaシアター”と共に 『Flood』でや、『桜の園』のラネーフスカヤを含む数多くの役を演じ、『Heartbreak House』 『Mud』 『リチャード三世』。 また“Chicago's Boitsovバレエ”のために『Spirit of the Dance』 一人芝居『The Lydia Etudes - AboutLoving Anton Chekhov』を出演・製作。またムーブメントディレクターやリハーサル中の演技講師として、“Vitalistシアター”“Porchlight Musicシアター”“Houseシアター”“Janus シアター”と共に制作を手掛ける。“シカゴシェイクスピアシアター“や”Lookingglassシアター”“Goodmanシアター”“Court Theatreシアター”などの俳優や“Lyricオペラシカゴ”のオペラ歌手に向けて演技指導を行う。

マイケルチェーホフ協会(MICHA)でトレーニングを受けた、チェーホフテクニックのこうしであり。マイケルチェーホフのマスタークラスのドキュメンタリーにも登場する。また彼女はマイケルチェーホフ協会、マイケルチェーホフアクティングニューヨークスタジオ、“Lyric Opera of Chicago's Patrick G“、”Shirley W. Ryan オペラセンター“”マイケルチェーホフスタジオシカゴ“の講師の一人である。またマイケルチェーホフヨーロッパにも招聘を受け国際的に活躍する講師である。

ドーン・アーノルドが書いた記事

https://perform.ink/actor-discovering-michael-chekhov.../

 


芝居の基礎から学べる

ベーシッククラス

 俳優の身体を創ること基本的な演技の技術の習得することをテーマにレッスンを行います。9月から新たにスタートします!

 俳優の身体はスポーツマンや音楽家のような明らかに目に見える技術はありません。しかしプロの役者には、感情を外につたえるための敏感な身体、外界を感じるための敏感な五感、身心扱うための技術、芸術に対する態度などが存在します。

 マイケルチェーホフテクニックは世代、性別、国籍を超えて誰でも使え、過去に縛られず、人の眠る潜在的な創造性を呼び起こします。

 

■レッスンの内容■

 ① 土台(principal

マイケルチェーホフテクニックには、ツールやテクニックを体得したり応用したりするための土台がある。

 

楽な感覚・形の感覚・美の感覚・全の感覚、インナーボディ・アウターボディ、サイコフィジカル(心理的・身体的)エクササイズ、センター、アーティスティックエゴ(芸術的な自我)、4種類の動き(放つ・流れる・飛ぶ・成形する)、集中

 

② ツール

マイケルチェーホフは、師であるK. スタニスラフスキーが作ったシステムをより体得しやすしたツールがある。また独自の考えで作り出したツールなどもある。テキストを使いながらそれらを学んでいく。

 

クオリティ・センセーション、サイコフィジカルジェスチャー(心理的動作)、アーキタイプキャラクター(原型キャラクター)、アトモスフェア

 

③ キャラクター

  マイケルチェーホフは、モスクワ芸術座の俳優であったことから看板役者であった。彼の類まれなる心身共に役に自分を「変化(トランスフォーメーション)」させる力に観客は魅了されたのである。

 

イマジナリィセンター(想像的な核)、イマジナリィボディ(想像的な身体)、パーソナルアトモスフェア、サイコフィジカルジェスチャー(心理的動作)、知情意(センター)

 

※一つの項目ごとに2か月程度をかけて学んでまいります。

※いつのタイミングに体験していただいても構いません。

 

 

≪こんな人におすすめです≫

・なかなか自分の壁を破れない

・身体を使ったアプローチに興味がある

・従来の知的なアプローチが向かない

・想像力をうまく演技に生かすことができない

 

【日時&場所】 

■毎週木曜日19:15~21:45 

■毎週日曜日18:15~20:45

東京周辺のスタジオ

 

【料金】

・体験1000円

・単発2500円

・1カ月(4回)9 000円 ※チケット制となります。

 

【申し込み】 

HPの「APPLICATION」よりお申込みください 

 

Michael Chekhov Studio Tokyo

マイケルチェーホフスタジオ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp