マイケル チェーホフ/Michael Chekhov

マイケルチェーホフとは

 

マイケル・チェーホフ(18911955)は作家アントン・チェーホフの甥であり、20世紀のもっとも偉大な役者の一人である。スタニスラフスキーの一番弟子であり、チェーホフを「最も素晴らしい俳優である。」と評している。モスクワ芸術座の看板役者として名声を得て、第二モスクワ芸術座では演出家としても活躍した。しかしその後はロシア革命の影響により亡命を余儀なくされた。その後はヨーロッパ諸国を回り、俳優や演出家としてだけではなく、演劇講師としても注目を浴びた。後年はアメリカのハリウッドでスタジオを開き多くのプロの俳優を育成した。チェーホフの直接の指導を受けた俳優として、マリリン・モンロー、ユリ・ブナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがいる。またマイケルチェーホフテクニックを学んだ俳優としてはジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがいる。

 


マイケル チェーホフ テクニック

―マイケルチェーホフ

 

Inspiration cannot be commanded, it is capricious, that is why the actor must always need have a  strong technique to fall back on.

ーMichael Chekhov 

 

マイケル・チェーホフは、役者の創作現場をつぶさに観察することで、心と体のつながりを研究し続けた。俳優の身体の状態や五感を通しての感覚や想像力を磨くだけでなく、「サイコロジカルジェスチャー」「アトモスフィア」「センター」といった、効果的なテクニックを作り出した。

 

そのテクニックはチェーホフの直接の教え子であるジョアンナ・マーリンマラ・パワーズグレゴリー・ペック達らによって広められ、全世界中で使われるまでになる。マイケル・チェーホフ・テクニックを学べるのはアメリカ、ヨーロッパ諸国が中心だが、近年では台湾やシンガポールでもワークショップが行われている。チェーホフの代表的な著作"TO THE ACTOR"は、日本でも翻訳されているが、スタニスラフスキー同様に誤解も多く、体系立ててマイケル・チェーホフについて学べる場所は日本では極めて少ない。国際マイケル チェーホフ協会(MICHA)の教授会員であるウルリッヒ・マイヤー・ホーシュを昨年より招聘して、そのテクニックを体系立てて正確に伝えるように行っている。