ワークショップ


ACTION & REACTION

行 動  と  反 応

「演劇の基本は行うことであり、動的ある。…中略…ラテン語において、それに相当する言葉がactio(駆ること)であり、その語源はaction(演技・行動)、actor(俳優)act(行う・演技する)という言葉に引き継がれている。ゆえに、演劇は行動が表現されるのをみることであり、俳優はその行動の担い手(agent)なのである。」K. スタニスラフスキー

 

「行動することは受け取ることの結果である。」S. ラッシュ

 

 今回のワークショップのテーマ「行動&反応」です。ある意味。演劇は役が追い求める願望に向けてとる、「抗う」、「考える」、「悩む」、「攻撃する」、「共感する」といった行動を見せるものです。そして行動は役の絶え間ない反応の結果にあります。

 

 この芝居の基礎を、マイケルチェーホフのテクニックを使って探求し身体化させていきます。

 

【使用するテクニック】

サイコロジカルジェスチャー(心理的動作)、センター、レーディエイティング(放射)、受け取る&渡す(変更の可能性あり)

 

【講師紹介】

秋江 智文

 俳優・演技講師・演出家

マイケル・チェーホフスタジオ東京代表

 

21歳のときマイケル・チェーホフの著作『To the Actor』を読み、強く感銘を受ける。25歳のとき渡英。英国アルテミス・スピーチ&ドラマスクールで、チェーホフテクニックのサラ・ケーン(Sarah Kane)および、校長のクリストファー・ガービー(Christopher Garvey)に師事し、チェーホフテクニックやスピーチテクニックを学ぶ。また『マイケルチェーホフロンドンスタジオ』(Michael Chekhov Studio London)の校長を務めるグラハム・ディクソン(Graham Dixson)にも師事する。現在ではウルリッヒマイヤーホーシュ(Ulrich Meyer-Horsch)を師として、日本でマイケル・チェーホフテクニックを体系立てて教えている。また大手の芸能事務所や演技学校でも講師として教えている。

 

 

■日時

5月2日14:15~17:45(14:00開場)

途中休憩あり

 

■場所

スタジオピアーチェ四ツ谷グランド店

 JR四ツ谷駅四ツ谷口/丸の内線四谷三丁目駅4番出口徒歩5分

 東京都新宿区四谷三栄町12-7 TERRACE SITE 四谷地下一階

 ※四ツ谷デンタルオフィスが1Fにあります。

 

■服装・持ち物 

 動きやすい服装をご準備ください。

 足元は、動きやすい内履き又は裸足でよろしくお願いします。

  何か質問などがありましたら連絡よろしくお願いします。

 

■料金

4000円

銀行・PAYPALでの振り込みになります

 

■定員

8名

 

■申込方法

 HPの「APPLICATION」より申し込みください

 

 

Michael Chekhov Studio Tokyo

マイケルチェーホフスタジオ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp