演技の基礎を学びたい俳優のための

「心と体で探求する演技WS」

 若手の俳優、俳優になりたいと考えている人に向けてのワークショップです。

 演技の学びは、知的なことに偏向するのではなく、「足を使い」体験をとおして起こります。このWSでは、俳優に必要な心身、他の役者との交流、役へのアプローチといった基礎を2日間かけて学んで行きます。全ての内容はマイケルチェーホフテクニックを使っていきます。

 

■ワークショップの概要■

 〇1日目:テーマ「役者の体の探求」

 ・心と身体をつなげるサイコフィジカルトレーニング。

 ・「渡す&受け取る」ことで生まれる交流。

 ・イメージと身体をつなげる。

 

 〇2日目:テーマ「役へのアプローチ」

 ・役の目的/行動を、体を使って見つける

 ・役の世界を想像で創り上げる。

 

≪ワークショップで学ぶこと≫

・サイコフィジカルトレーニング(心と身体を使ったトレーニング)

 演技の基本は、心と身体が調和させることです。心と身体は表裏一体で、心が動けば、仕草や表情や声のトーンなどが変化します。逆に体を動かすと、自然と内面が動きます。こうして常に心身は両輪のタイヤのように影響し合うのです。

 

・渡す&受け取る(giving & receiving)

 演技をする際、常に対象者又は対象物があります。そこにはエネルギーや思いといったものを渡すだけでなく、相手からも受け取ります。その二者間で起こることを観客は楽しみます。

 

・楽な感覚(フィーリングオブイーズ)

 いかに緊張を扱うかはどの俳優にとっても悩みの種です。緊張しすぎると感情表現や思考の妨げになり、力を抜きすぎてエネルギーがなくしては相手や観客に何も伝えられません。俳優はパフォーマンスに必要な緊張だけを作りだす必要があります。これを楽な感覚と言います。

 

・形に対する感覚(フィーリングオブフォーム)

 芸術は自由を大切にしますが、一方で演技は「形」から逃れられません。台本、スペース、身体、動き、セリフなどすべては決まっていますし制限があります。楽な感覚で見つけた、自由を俳優は形に昇華させなけれななりません。

しかし、形は武器でもあります。面白いことに、制限されると人はより自由を感じます。俳優はこうした「形に対しての感覚」を養うのです。

 

・エナジーボディ

 エネルギーは東洋では「氣」と呼ばれます。とても漠然としたコンセプトのように感じますが、人はこうしたエネルギーの流れにとても敏感です。「気が滅入る」、「気が合う」、「気をそらす」、「気が立つ」などのすべての慣用句は馴染みがあり実感が伴います。意識している、していないに関わらずエネルギーは日常の生活に溶け込んでいるのです。

 このエナジーボディは、エネルギーをより分かり易く演技に応用させた考え方になります。

 

・想像力(イマジネーション)

 演技の80%は想像力で成り立っているといわれます。想像力により俳優は、何もない空間に新たな世界を創り、台本から役を見つけ、ストーリーを紡ぎます。

 

・心理的動作(サイコロジカルジェスチャー)

 これはマイケルチェーホフが作ったテクニックの一つです。俳優はある大きな動きをすることで演技に必要な「目的」・「行動」や感情などを呼び起こすことができるのです。

 

▼マイケルチェーホフとは

マイケルチェーホフ(1891~1955)は作家アントン・チェーホフの甥であり、20世紀の偉大な役者の一人である。近代演技術の父であるK.スタニスラフスキーの一番弟子で、チェーホフを「最も素晴らしい俳優である。」と評している。モスクワ芸術座の看板役者として名声を得て、第二モスクワ芸術座では演出家としても活躍した。しかしロシア革命により亡命を余儀なくされた。亡命後はヨーロッパ諸国を回り、短い期間であるがイギリスでスタジオを設立する。後年はアメリカに移り、ハリウッドでスタジオを開き多くのプロの俳優を育成した。チェーホフの直接の指導を受けた俳優として、マリリン・モンロー、ユル・ブリンナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがいる。またマイケルチェーホフテクニックを学んだ俳優としてはジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがいる。

 

▼マイケルチェーホフテクニック

マイケルチェーホフは、役者の創作現場をつぶさに観察することで、心と体のつながりを研究し続けた。彼のテクニックはこの「サイコフィジカル(心と身体)」を土台とし、動きを通して役に必要な感情を呼び起こしたり、演技を行う上での必要な要素を見つけたりする。その例としては、チェーホフテクニックで最も有名な「サイコロジカルジェスチャー(心理的動作)」である。全身を使った動きを使った、ジェスチャー(動作)を行うことで、役の行動や目的を見つけ、また身体化させ演技につなげる

役作りにおいて、自らの過去やトラウマではなく、想像力を使い役そのもの存在を見つけ、その役に変身していく。イマジナリィセンター(創造的核)やイマジナリィボディ(創造的身体)などのテクニックでこうした役作り方法を学ぶことができる。

 そのテクニックはチェーホフの直接の教え子であるジョアンナ・マーリン、マラ

・パワーズ、グレゴリー・ペック達によって広められる。現在ではアメリカのマイケルチェーホフ協会(MICHA)はチェーホフテクニックを広める本拠地であり、マイケルチェーホフヨーロッパ(MCE)はヨーロッパを中心に広がり、世界中の学校やスタジオなどで学ばれ、プロの俳優などにも使われている。近年では韓国、台湾、シンガポール、中国などのアジア圏の学校やスタジオでも取り入れられている。

日本ではチェーホフの代表的な著作"TO THE ACTOR"は、日本語に翻訳されているが誤解も多く、また体系立ててマイケルチェーホフについて学べる場所は日本ではまだ少ない。

 

【講師紹介】

◇秋江 智文

演技講師・演出家・俳優

マイケル・チェーホフスタジオ東京代表

21歳のときマイケルチェーホフ著『To the Actor』を読み、強く感銘を受けたことをきっかけに25歳のとき渡英。英国アルテミス・スピーチ&ドラマスクールで、チェーホフテクニックのサラ・ケーン(Sarah Kane)および、校長のクリストファー・ガービー(Christopher Garvey)に師事し、チェーホフテクニックやCreative Speechを学ぶ。またマイケルチェーホフスタジオロンドン(Michael Chekhov Studio London)の校長を務めるグラハム・ディクソン(Graham Dixson)に師事。帰国後ドイツ、ギリシャ、台湾などで学び続ける。マイケルチェーホフヨーロッパ(MCE)の講師養成プログラムの一員として、現在ではウルリッヒマイヤーホーシュ(Ulrich Meyer-Horsch)を師として、日本でマイケルチェーホフテクニックを専門に基礎から応用まで体系立てて教えている。また多くの芸能事務所や演技学校でも教え、俳優のプライベートレッスンなども数多く行っている。

 

▼こんな人におすすめです。

・演技の基礎を知りたい人

・身体や想像力をつかった自由なアプローチを知りたい人

・本格的な学びへの一歩が踏み出せない人

・安心した空間でワークを望まれる人

 

【対象者】

 30歳までの若手の俳優の方/俳優になりたいと考えている方

 ※特に年齢制限は設けません。

 

【受講料】

一日のみ4000円

二日通し7500円

 

【定員】

7名(最低実行人数3名)

 

【日時】

7月16/17日10:15~14:45 

途中休憩あり

 

【場所】

K‘Sスタジオ新館

〒166‐0003

東京都杉並区高円寺南1-6-3

ISOビル4階

https://koenjiksstudio.wixsite.com/mysite/blank

 

 

【申し込み】

HPのAPPLICATIONからお申し込みください

 

Michael Chekhov Studio Tokyo

マイケルチェーホフスタジオ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp