【京都開催】

マイケルチェーホフ演技テクニックWS

体とイメージとの融合

チェーホフテクニックの特徴の1つは、演技にイメージを使うための、ダイナミックで多彩な方法があるということです。イメージはあらゆる芸術の源であり、演技においてはイメージからキャラクターが現れるのです。

チェーホフテクニックのイメージについてのとてもユニークなコンセプトは、「イメージそのものに心がある」というものです。つまり、私たちと同様、命を持っているということです。つまり、それは私たちとは異なるということになります。

 芸術家として、強くて本物のイメージがより面白いキャラクターになることを切望しなければなりません。このワークショップでは、より強いイメージを見つけ、自分自身に変化をおこすような、イメージと身体の融合する方法について学んで行きます。

 

▼ワークショップ内容

【1日目:サイコフィジカルトレーニング】

楽器である俳優の身体を磨くために、M.チェーホフテクニックの基本である「サイコフィジカルエクササイズ」を中心に行い、心と身体を整え自由に使えるようにします。

 

【2日目:キャラクターライゼーション(役作り)】

「イマジネーション」を使ったイマジナリィボディ(想像的身体)やイマジナリィセンター(想像的核)などのツールを用いて、テキストワークを行います。

 

▼こんな俳優が受講されています

・心身を使った表現への探求がしたい方

・プロを目指しているが勉強中の方

・演技基礎に取り組みたい方

・身体からのアプローチで演劇を学びたい方

・演技するとき、考えすぎてしまう方

・チェーホフテクニックを深く学びたい方

 

▽マイケルチェーホフ

 20世紀を誇る俳優であり、「かもめ」「さくらんぼ畑/桜の園」などを書いた文豪アントンチェーホフの甥にあたります。近代演技術の父でもあるK.スタニスラフスキーの弟子であり、「私の演技法(システム)を見たければ、今晩のマイケルチェーホフを御覧なさい。彼は彼の叔父(アントンチェーホフ)の一幕劇を演じるからね。」と言われるほどでした。

 彼は教育者としてもすぐれ、スタニスラフスキーのシステムをさらに発展させて、想像力とサイコフィジカル(体と心を使うアプローチ)を使った独自のテクニックを作りました。

 チェーホフの直接の指導を受けた俳優として、マリリン・モンロー、ユル・ブリンナー、クリント・イーストウッド、マラ・パワーズ、ゲイリー・クーパーなどがいる。また彼のテクニックを学んだ俳優としてはジャック・ニコルソンやアンソニー・ホプキンズなどがいます。

 

▽マイケルチェーホフ東京

 2018年9月立ち上げ、日本ではまだまだ知られていない、マイケルチェーホフ演技テクニックを基礎から実践まで総合的に学べることができるように場所(レッスン・講演会など)、材料(著作物、記事など)、講師(海外からの講師招聘・講師養成講座など)を提供している。すでに著名な海外講師を日本に4回招聘し、コロナ禍では様々な講師と連携し数多くのオンラインレッスンや講座を開催してきている。東京を中心に定期的なレッスンとワークショップを行い、毎年1~2回大阪の一心寺シアター俱楽と連携したり、今年より京都でもワークショップを開催している。マイケルチェーホフ演技テクニックだけでなく、マイズナーテクニック、アレクサンダーテクニーク、インプロの実践家たちともコラボしてワークショップを行っている。

 

▽講師

秋江 智文

演技講師・演出家・俳優

マイケル・チェーホフスタジオ東京代表

21歳のときマイケルチェーホフ著『To the Actor』を読み、強く感銘を受けたことをきっかけに25歳のとき渡英。英国アルテミス・スピーチ&ドラマスクールで、チェーホフテクニックのサラ・ケーン(Sarah Kane)および、校長のクリストファー・ガービー(Christopher Garvey)に師事し、チェーホフテクニックやCreative Speechを学ぶ。またマイケルチェーホフスタジオロンドン(Michael Chekhov Studio London)の校長を務めるグラハム・ディクソン(Graham Dixson)に師事。帰国後ドイツ、ギリシャ、台湾などで学び続ける。マイケルチェーホフヨーロッパ(MCE)の講師養成プログラムの一員として、現在ではウルリッヒマイヤーホーシュ(Ulrich Meyer-Horsch)を師として、日本でマイケル・チェーホフテクニックを専門に基礎から応用まで体系立てて教えている。また多くの芸能事務所や演技学校でも教え、俳優のプライベートレッスンなども数多く行っている。

 

▼日時

8月13日17:00~21:00

8月14日12:00~17:00

 

▼場所

左京西部いきいき市民活動センター 

〒606-8201 京都市左京区田中玄京町149

https://www.gekken.net/SW_IKIIKI/access.html

 

▼料金

13日のみ 6000円

両日 10000円

 

▼使用テキスト

アントンチェーホフ著「プロポーズ」光文社古典新訳文庫

 

▼定員

10名

 

▼申し込み

HPのAPPLICATIONからお申し込みください。

 

【コロナ感染対策について】

・受付で検温をいたします。

・定期的に換気を実施します。

・上演につきましては、感染防止に細心の注意を払いながら運営をする予定でございます。

・会場内各所に消毒用アルコールを設置致します。

・講師もマスク着用・アルコール消毒を行って参ります。

・受講生には風邪・ウイルス感染の自覚症状がない方もマスク着用での受講をよろしくお願いいたします

・熱や咳といった症状がある場合は無理をなさらずでよろしくお願いいたします。

・今回のレッスンのテキストはダイアローグ(対話)を使用します。注意して運営しますが、どうしても抵抗がある方はご遠慮ください

 

【ハラスメント防止対策ポリシー】

・参加して下さる俳優皆さんがワークショップに安心して参加出来る環境作りに努めて参ります。

・参加者の個性を尊重し、立場を利用した、暴言や威圧的な態度、言葉や言動、セクハラなど致しません。また、トレーナーと受講者が2人きりになることはありません。

・演技レッスンという性格上、俳優同士の身体接触はありますが、俳優の自由意志であり、お互いの合意の場合のみで行われます。講師が指導の一環で俳優の身体に接触する場合がございますが、この場合も参加俳優の自由意志(拒否する権利があります)で行います。

 

Michael Chekhov Studio Tokyo

マイケルチェーホフスタジオ東京 

 

【代表 】

秋江智文

 

【問い合わせ】

michael_chekhov_tokyo@yahoo.co.jp